トンボ鉛筆 シャープペン MONO モノグラフ ラバーグリップ付

2019年、文房具屋さん大賞デザイン賞受賞。こちらはポピュラーな人気を誇るモノグラフシリーズに、ラバーグリップや新機能が搭載された「モノグラフ グリップモデル」。MONOといえば青と白の3本線の消しゴムがすぐに浮かぶが、このシャープペンシルへは透明のボディに包まれた3本線と、メタリッククリップがクールな印象を放っている。つい出てしまう手汗やあぶらで滑るのをラバーグリップががっちり防御するところが目玉。長時間でも書くことに集中させてくれる。消しゴムにも当然ながら注力し、必要なときに回転させれば出てくる繰出し式。芯は上下に振ると出るフレック式と、クリップをスライドしても芯出し可能だ。1本持っていたいモノである。

ネットで買ったものが届いたよ。

第一印象は、画像で見るよりシャープなイメージ。学校だけでなく、ビジネスシーンにもいいというのがうなずける。
ラバーグリップは無駄な厚みや弾力がなく、いい意味で薄くて持ちやすい!
滑りにくしっかりホールドしてくれる感じが気に入った。

パッケージにも書いてある、「振って芯出すフレノック&フレロック」。
ふれーふれー、これ初体験です。

気持ち強めに下に振ると
カシャッという音とともに芯が出てくるんですね。

振って出したければクリップを下に押し下げておく。
出したくなければ、クリップを上に上げておく。

図書館など静かにしておきたい場所で
振って出したくなければクリップをカチカチすると繰り出される。
このカチカチ音は、通常のヘッドノック式の音と変わらない僅かな音。

こうして書くと(?)ってなりますけど
使い勝手に難しさなし。

芯を引っ込めたければ、クリップを押し下げた状態で
指やノート上で押せばオッケー。

あと、感じたこと。
手に持った重量感がなかなか程良いと思います。
軽すぎると必要以上に力が要るのですぐ疲れる。
無駄に重いと何のための重さなのか意味不明で困る。

見た目も半スケルトンでエア感あって
スッと伸びたMONOデザインが効いてます。

さて、最後にメイン?をご紹介。
消しゴム部分。
MONOですからね。

上部の黒い部分を時計回りに回すと、
(ちなみにここはラバーではありません)
こんにちは〜って感じで白いMONO出てきます。

半時計に回すと
またね〜って感じで引っ込みます。
なんか愛嬌あって、作ったひとの愛情感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする