ゼブラ マッキーワーク 開梱オープナー付 油性ペン

引っ越し、荷物の整理、子どもの水筒や内履きに名前を書き入れるときの必須文具マッキーに、「開ける」「書く」を1本に兼ね備えた「マッキーワーク」という仲間ができた。従来通りしっかり書ける細字・太字はもちろん、キャップの先に装備された黄色のツメが改良点。これが実は段ボール開封に最適なプラスチック製オープナー。一見小さな改良ではあるが、ペンはどこ、カッターはどこいった?というストレスからおさらばでき、作業効率アップは計り知れない。このペンを使う人が何をして、何を欲しているか、困っているか考えられた、一歩差がつく文房具となり、2019年文房具屋さん大賞のカラーペン部門1位を獲得。

買ってきたものをさっそく使ってみるよ。

油性ペンといえば、ゼブラのマッキーですね。
そのマッキーに、梱包のための新機能が搭載された
ニュータイプが登場。

「書く」と「開ける」を1本で!
とパッケージにも書いてある通り、二刀流なんです。

黒と赤がありますが
通常タイプの黒は持っているので
今回は赤を購入。

細字のキャップの頭に黄色いポッチがついてます。
これがプラスチック製のオープナーで、
ダンボールに貼られたテープにグッと差し込み、
押し当てながら引けば
開封できます。

対象テープは、クラフトテープと布テープと裏面の説明書きに記載。

中身を傷つけにくいという利点と、
カッターを持ち込めない現場にも最適。
お子さんのいる家庭でも安心です。

いちいちカッターに持ち替える必要なし。
引っ越しや荷物の整理にこれ一本、
あったらいいな!を形にしてくれてますね。
手間を省けて楽ちん。このひと工夫に拍手喝采です。

マーカー部分はと言いますと、
従来のマッキー同様、太字6ミリ、細字2ミリ。
絶妙なチョイス。
書き味は、、言わずもがなですね!

この小さなボディを進化させる、
文具の魅力がまた一歩広がりました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする