まっすぐ切れるって気持ちいい!定番商品に採用した新カッター刃、これは拍手もの。

ギザギザに切れるのが当たり前と思っていた、というか考えることもなかった、テープの切り口。見た目は変化なく、安定感ある見慣れたその姿にすごいテクを秘めている。刃先の部分のギザギザがより細かくなり、ハサミで切ったかのようにまっすぐ切れる。新カッター刃は刃の形状や角度を微調整し、安全性にも配慮した設計。プラスチックでここまでキリッと切れるのかと感心しきり。とにかく気持ちいいので、もう以前のものには戻れない。こんな小さな部分で大きな変化をもたせるのは、小さな文房具の世界ならでは。

買ってきたものをさっそく使ってみるよ。

近くのロフトで買ってきました。売り場にはイエローとレッドもありましたが、今回この濃いめの藤色?をチョイス。

デスクには片手で切れるディスペンサーがありますが、
リビングにひとつ欲しかったので購入。

さて、開封して早速
切り口のまっすぐ度合いを見てみましょう。


カッター部分をよく見てみると、、

小さなギザギザ発見!
直線を想像してました!

「安心設計 刃が細かくケガをしにくい」
パッケージにちゃんと書いてあります。

そおなんですね!

切れ味サクッと気持ちいいです。
手持ちのディスペンサーは金具の刃なんですが、
それよりきれいに切れます。

切り口はこちら↓

ほぼまっすぐ、よく見ると細かいギザギザ。

通常タイプだと、ギザギザから縦に切れてしまい、
復旧するのに骨が折れることなんかありますが
試しにこれを縦に割いてみたら

割けない!
むりやり頑張らないと割けませんでした^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする